パーキンソン病の疾患進行マーカーとなる睡眠障害

EANバーチャル会議において、パーキンソン病患者では、REM睡眠行動障害(RBD)とアトニーを伴わないREM睡眠(RWA)が経時的な増加が有意にみられるため、これらは疾患進行のマーカーとして考慮される、と専門家らが報告した。