睡眠・覚醒障害による脳卒中生存者の再発性心臓・脳血管イベントの予測

専門家らは新たな「睡眠負荷指数」を開発し、脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)後に用いる場合、再発性心臓・脳血管イベントを独立して予測できることがわかった。