発話記録がハンチントン病の発症を検出するのに役立つ可能性があると研究者らは述べた

発話を遠隔でモニターして解析するデジタル・ウェアラブル・デバイスが、ハンチントン病(HD)患者の症状発現を検出するために有効であることが、新しい研究で示された。

米国ニューヨークにあるUniversity of RochesterのJamie Adams博士は、「発症間近のHD遺伝子キャリアでは、発話能力が低下する可能性がある」と述べた。「発話の変化は、より明白な運動症状が現れる前に検出できる」