脳磁図の棘波出現領域はてんかん原性病変の型と相関関係を持つ。

術前脳磁図(MEG)の新たな知見はてんかん原性病変患者の手術計画に役立つ可能性があると、研究者たちは報告した。