neurodiem-image

多発性硬化症の診断を最近受けた患者における高い心血管リスクが研究によって確認

新たな研究結果によると、多発性硬化症と最近診断された患者は、多発性硬化症に罹患していない患者と比較して、特定の心血管疾患の発現率が高い。

過去の複数の研究では、多発性硬化症患者は心血管疾患(CVD)のリスクが高いことが示されているが、診断を最近受けた患者に関する研究は相対的に少なかった。