研究により浮き彫りになったてんかん患者における睡眠の質の重要性

AES会議で発表された新たなデータにより、質の悪い睡眠と日中の眠気がてんかん患者の生活の質にどの程度の影響を及ぼすかが明らかとなった。

スペインのバルセロナ、バダホス、バリャドリード、ビーゴ、マドリード、サラゴサの施設の研究者らは、睡眠が及ぼす生活の質と認知機能障害への影響を検討する、継続中の観察的後向き多施設共同研究の暫定的結果を発表した。