抗てんかん薬変更への抵抗感が調査により明らかになった

症状悪化への恐れがあることから、患者や医療従事者の間には一般に抗てんかん薬を変更することへの抵抗があることが、新たな研究から特定された。