研究により浮き彫りにされたCSFバイオマーカーに影響を与えうる心血管リスク因子にみられる性差

専門家らは、性別、心血管リスク因子、神経変性のCSFバイオマーカーの間の相互作用についての調査から、新たな知見を報告した。

スペイン、スウェーデン、英国の施設の研究者らは、ALFA+試験に参加中である非認知機能障害の中年の被験者381例に関するデータを分析し、性別と心血管リスク因子がCSFバイオマーカーにどのような影響を与えるかについて調査した。

381例の被験者のうち、34.4%がAβ陽性で65.6%はAβ陰性であった。Aβ42/40のカットオフ値は0.071とした。評価するCSFバイオマーカーには、Aβ42、Aβ40、リン酸化タウ(p-tau)、総タウ(t-tau)、ニューロフィラメント軽鎖(NfL)、ニューログラニン、sTREM2、YKL40、GFAP、S100、IL6、sVCAM1、sICAM1、MCP1、α-シヌクレインを含めた。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。