SMAにおいて可能性のある将来の運動機能のバイオマーカーを研究で特定

専門家らは研究データの中間解析後、脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy:SMA)を有し、ヌシネルセンによる治療を受けた前駆症状の乳幼児において有用となりうる運動機能向上の予測因子を特定した。