神経精神症状管理についての研究で治療の使用が最適以下であることを特定

MDS 2020で発表された新たな所見によると、パーキンソン病(Parkinson’s disease:PD)初期の患者では神経精神症状の薬剤治療率が低い。

ペンシルベニア大学(米国、フィラデルフィア)の研究者らが、Parkinson’s Progression Markers Initiativeに登録された未治療のPD初期外来患者395名(平均年齢62歳)及びマッチさせた健康な対照例185名を対象とする縦断コホート研究を実施した。