MRIにより診断されたFCDの術後転帰の調査

AES会議におけるシステマティックレビュー及びメタ解析の結果発表によると、MRI診断による限局性皮質異形成(FCD)の術後てんかん発作の転帰の報告は「有望」であるが、データが限られるため更なる研究が必要とのことである。