痙攣性てんかん発作予防の必要性が研究結果からより明らかになった

医療従事者からのフィードバックにより、てんかんの突然死(SUDEP)の重要なリスク因子であるブレークスルー痙攣性発作を予防するためにできることがまだまだある可能性が示唆された。