neurodiem-image

PDでの孤独及び社会的孤立への取組み

専門家が、孤独及び社会的孤立がパーキンソン病(Parkinson’s disease、PD)の重症度に与える影響を強調する新たなデータを報告した。

MDS 2020で、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校のIndu Subramanian博士は、社会的孤立は一般的に健康の悪化及び死亡率の増加に関連していると述べた。さらに、PDの潜在的な症状である無感情、疲労、うつ病、不安、よだれ、失禁、振戦及び可動性障害などの多くは、引きこもりを誘発する可能性もある。COVID-19の世界的大流行は、潜在的に状況をさらに悪化させた。