片頭痛患者の睡眠障害への取り組み

新たな研究結果によると、片頭痛で入院している患者の睡眠障害を治療することで、転帰を大幅に改善し、医療負担を軽減する可能性があると示唆される。