将来的なリプロダクティブヘルスを考慮:NMDAR脳炎における治療方針決定

抗N-メチル-D-アスパラギン酸型グルタミン酸受容体(NMDAR)脳炎を有する若い女性における妊孕性転帰に関する最近の調査によって、医学的及び倫理的問題が浮き彫りになった 。