特定されたタウ先行及びアミロイド先行のADサブタイプ

アルツハイマー病(Alzheimer’s disease:AD)患者には早期タウ病理がアミロイド病理に先行して認められる患者もいることを示唆するエビデンスの重要性に、新たな知見が加えられた。

ロンドン(英国)及びアムステルダム(オランダ)の施設の研究者らが、Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative(ADNI)から得られたデータを用いて、2つの分析を行った。研究者らはデータに由来する疾患サブタイプモデルを陽電子放出断層撮影(positron emission tomography:PET)及び脳脊髄液(cerebrospinal fluid:CSF)に適用し、アミロイド及びタウを測定した。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。