アミロイド陽性の軽度認知障害やアルツハイマー病においてタウ陽性は臨床的に重要である

新たな研究によると、軽度認知障害やアルツハイマー病(AD)のタウ陰性患者は、タウ陽性患者と比較して、実行機能は低いが記憶力は優れていることなど、異なる臨床徴候を示す。