多発性硬化症を有する小児患者を対象に評価した視床の病態

多発性硬化症を有する小児患者において、視床は神経学的病態の「重要なバロメーター」であることが確認されている。

イタリアの複数の施設の専門家らは、多発性硬化症の小児患者を対象に定量的MRI研究を実施し、視床の微細構造の損傷における病理学的機序を検討して、それらが臨床的障害に寄与するか判定した。