てんかん患者の遠隔医療での診療のヒントとこつ

遠隔医療は、特に農村部のてんかん患者にとって、COVID-19パンデミックの間のてんかん管理の重要な一部となっている。

米国イリノイ州シカゴにあるラッシュ大学メディカルセンター(Rush University Medical Center)のMarvin Rossi博士は、「7,000万人近くの農村部の住民は、米国の陸地の95%にわたって広く居住しており、この集団の80%近くは十分な医療サービスを受けていない」と述べた。遠隔医療は、これらのケアの格差を埋めるのに役立つ可能性がある。

AES 2020会議でのCOVID-19のセッションで、Rossi博士がてんかん患者へのビデオ又は電話による遠隔医療での診療を最大限に活用するためのヒントを提供した。