片頭痛における内因性鎮痛の役割を解明

トーマス・ジェファーソン大学病院(米国、ペンシルベニア州フィラデルフィア)の研究者らは、慢性片頭痛(MC)の原因を調査し治療の有効性を評価する、最近導入されたモデルである条件刺激性疼痛調節(CPM)を用いた画期的な新規研究の計画を明らかにした。