てんかん患者の最適な発作コントロールを目的とした外科切除中の画像検査の使用

研究者らによると、FDG-PET画像検査の使用は、内科的治療抵抗性の側頭葉てんかん(medically refractory temporal lobe epilepsy:MRTLE)患者において側頭脳瘤(temporal encephalocele:TE)を特定し、切除範囲をガイド・判断して患者の短期外科的転帰を改善する上で役立つ。