ワクチン接種は多発性硬化症発症の危険因子ではない

新たな研究結果によって、ワクチン接種は、多発性硬化症を発現させる危険因子ではなく、5年以内に多発性硬化症と診断される可能性が低いことと実際に関連することが示唆された。