パーキンソン病のバーチャルクリニック:患者はどう考えるか?

IPMDS[International Parkinson's and Movement Disorders Society(国際パーキンソン病・運動障害疾患学会)]カンファレンスで発表された新たな研究の結果によると、パーキンソン病患者のフォローアップを行うバーチャルクリニックは容認可能かつ有用であると大半の患者は考えている。