髄膜腫発症の有意な危険因子は何か?

データベースを利用した大規模試験において、200万人を超える青少年のデータについて解析が実施され、将来的な髄膜腫発症に関連する因子が同定された。