CGRPモノクローナル抗体に対して一部の片頭痛患者が超奏効患者となる要因は何か?

カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)に対してモノクローナル抗体(mAb)を用いた治療の奏効性を予測する因子となり得る患者特性を特定する初期の試みでは、超奏効患者と非奏効患者は実際的に正に同等であることが示唆された。