neurodiem-image

血液ベースのアルゴリズムは診療でどのような役割を果たすか?

AAIC 2021で、Oskar Hansson教授は「診断アルゴリズムへの利用を含め、血液ベースのバイオマーカーの研究の急速な進展は診療での診断に大変革をもたらすだろう」と述べた。

スウェーデンにあるルンド大学(Lund University)のClinical Memory Research Unit及び医学部の神経学教授であるHansson教授が、p-tau181及びp-tau217などの血液ベースのバイオマーカーを使用することで得られた知見の概要を発表した。