発症前ハンチントン病において予防的治療を開始する最適な時期はいつか?

脳機能が正常であるものの感度の高い神経変性測定での数値が上がり始めているという発症前ハンチントン病(premanifest Huntington’s disease:preHD)の段階が、機能が損なわれていないうちにそれ以上の神経変性を遅らせる又は予防する介入を適応するのに最適な時期となりうる、と専門家らが報告した。この段階は、予測される発症時期の約24年前に起こる。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのハンチントン病センター(英国)の研究者らがこの時期を特定し、さらに将来的な治療試験の評価項目としても使用する最適な測定値を特定することを目標とした。本研究の参加者は、予測される臨床的な発症時期の約24年前であるpreHDの若年成人64名及びマッチさせた対照例67名であった。