AI技術の具体的な寄与

「AI技術の具体的な寄与」というテーマで、病変の有無の検出という面からAIが現在到達しているレベルについて、また、AIによる病変の質的診断の可能性について、最後に、今後の展開について2名のエキスパートに議論していただきました。

西川亮先生は、過去2年間に、以下の企業との利益相反を報告しています。
ノボキュア:アドバイザリーボード
木下学先生は、過去2年間に、利益相反がないことを報告しています。