CGRP拮抗薬:片頭痛の治療のための新しいクラスの薬剤

スタンフォード大学のロブ・コーワン教授が、頭痛治療のための新しいクラスの薬剤であるCGRP拮抗薬についてお話しします。

ロバート・コーワン教授は、アムジェン、アラガン/アッヴィ、バイオヘイヴン、テバの科学諮問委員会の役員です。また、Penguin/Avery、オックスフォード・プレス、シュプリンガーから著作権使用料を受け取っており、BonTriage、LLCの会長および共同創設者です。