てんかんのレーザー間質温熱アブレーション

スパーリング教授が、レーザー間質温熱アブレーションに焦点を当て、様々な種類のてんかんの外科的治療についてお話しします。

n/a

マイケル・スパーリング博士は、Medtronic、UCB Pharma、SK Life Sciences、Takeda、Neurelis、Eisai、Cerevel、Sunovion、Engage Therapeutics、Xenonから研究助成金および契約を受けており、トーマスジェファーソン大学へのすべての支払いに関してMedtronicのコンサルティングを行いました。 同氏は、Eisai、 UCB Pharma、 Medscape、 Neurology Live、 International Medical Press、 Projects in Knowledgeから講演料を受け取っています。