多発性硬化症患者に対するMRIの使用に関するMAGNIMS、CMSC、NAIMSの合意された推奨事項

Àlex Rovira教授が、多発性硬化症に対する磁気共鳴画像の最新のガイドラインをレビューします。最新のガイドラインでは、画像化技術の進歩や新しい安全性データなどが言及されています。

Wattjes MP, et al. 2021 MAGNIMS-CMSC-NAIMS consensus recommendations on the use of MRI in patients with multiple sclerosis. Lancet Neurol. 2021; 20:653-670, doi: 10.1016/S1474-4422(21)00095-8.

Àlex Rovira医師は、ノバルティス、Sanofi-Genzyme、Synthetic MR、TensorMedical、ロシュ、バイオジェン、OLEA Medicalの科学諮問委員会の委員を務めています/いました。また、バイエル、Sanofi-Genzyme, Merck-Serono, Teva Pharmaceutical Industries、ノバルティス、ロシュ、バイオジェンから講演の謝礼金を受け取ったことがあります。