慢性疼痛治療のための脊髄刺激

このビデオではフィリシス医師が慢性疼痛治療の実行可能な選択肢である脊髄刺激について説明します。

フィリシス医師はBoston Scientific、Nevro、TerSera、Abbott、Aim Medical Robotics、Karuna Labsのコンサルタント/アドバイザーを務めている/務めていたこと、Aim Medical Robotics、Karuna Labsの株式を所有していること、また、Boston Scientific、Nevro、TerSera、Abbott、Medtronic、GE Global Research、SBIR 1R43NS107076-01A1、NIH U44NS115111の助成金/研究補助金受領者である/あったことを明らかにしています。